HOMEブログ店長ブログ >鎌倉(妙本寺)の桜、、、

鎌倉(妙本寺)の桜、、、

2016/04/05

妙本寺の寺域は、比企ヶ谷(ひきがやつ)とよばれ、鎌倉時代、幕府の有力御家人である比企一族の屋敷があった場所。

比企氏は、建仁3(1203)年、ライバルの北条氏によって屋敷を攻められ滅ぼされました。一族で唯一生き残った比企能本(よしもと)が一族の菩提を弔うために日蓮に帰依し、文応元(1260)年に比企屋敷の跡に建てたのが、この妙本寺だそうです。

境内には、比企一族の墓のほか、二代将軍・頼家と比企能員(よしかず)の娘・若狭の局との子で、比企氏滅亡の折にわずか6歳で命を落とした一幡(いちまん)をまつる袖塚(そでづか)などの史跡があります。

日蓮上人というと、政治・宗教のあり方を厳しく批判した人というイメージですが、妙本寺の日蓮さんはとてもやさしい表情に見えます。
なんか気持ちを和やかにしてくれます。

JR鎌倉駅からそんなに遠くないお寺ですが、
静寂な中に身を置く事が出来て、マイナスイオンを
浴びて、リラックス出来ます。

鶴岡八幡宮からすぐ近くの
お蕎麦屋で、
天丼ともりそばセット。